ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

太陽光発電の固定買取に救いの手?と言うニュースを見て思ったこと

f:id:zuya64:20191124232711j:image

ズヤです!こんにちは!

 

家庭用の太陽光発電で固定買取が終了する事に対して少しばかりニュースになっていました

 

そのニュースはこちら

news.tv-asahi.co.jp

 

太陽光発電の固定買取に救いの手?と言うニュースを見て思ったこと

ニュースの内容

 

  • 家庭用固定買取終了のお知らせが届いた
  • 1kW/h48円が8.5円になる
  • ローンが5年残っていて、ここまで安くなるとは思わなかった
  • 蓄電池メーカーは購入した家庭から最大16円で電気を買い取り
  • 蓄電池の売上は去年の2倍

 

こんな感じの内容でした

 

詳しくはサイトの動画をご覧ください

 

ニュースを見て思ったこと

 

家庭用の太陽光発電を初期から導入した人にとっては、悲しいあまり旨味の無い話だったのかもしれない

 

売電単価は初期の頃は高かったが、その分パネルの導入コストも高かったはずで、10年後に売電単価が1/6に下がるのは流石に想定できなかった思う

 

このまま8~9円で電力の買取が続けば、今から参入した方が旨味があるともいえる

 

2019年現在の家庭用の太陽光発電のFIT価格は24~26円で、この固定買取制度が終わっても1/3程度に抑えられる

 

初期のリスクの高い時期に導入した方が、旨味が減るのは何とも悲し事実です

 

蓄電池の売上が好調

 

こちらもびっくりです

 

蓄電池を買えばその分電気の買取価格が上がるとはいえ、200万円もする高額な商品です

 

補助金も出るとはいえ、蓄電池も太陽光発電と同様に、年々販売価格が下がるとも言われています

 

それが固定買取制度が終わってからと言うもの売上が好調らしいです

 

来年、再来年には固定買取が終わる家庭用太陽光発電は増加するのは必須です。であれば、蓄電池メーカーの株を買えば儲かるのも…?

 

何にせよ経済が潤い、お金が回る事は良い事です。お金がある人が高額な物を買ってくれれば、その分庶民の手にいきわたる頃には、価格帯もお手ごろになっている事でしょう

 

まとめ

 

  • 固定買取が終わり困っている家庭が出てきた事実
  • 流石に買取価格が1/6になるのは少々きつそう
  • その分蓄電池の売上は好調
  • 蓄電池の様な高額商品の売上が上がれば経済が潤うかも?

 

以上が、太陽光発電の固定買取に救いの手?と言うニュースを見て思ったことです

 

せっかく導入した太陽光発電で損はしない様にしてほしいですね

 

その為にもメーカーさんの努力に期待します

 

以前、太陽光発電であった詐欺やぼったくりには合わない様にしていきたいですね