ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

東北でも太陽光発電の出力制御をする可能性が高まってきた話

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20191107212051j:image

ズヤです!こんにちは!

 

太陽光発電の出力制御は我々にとって、損失以外の何物でもありません

 

その出力制御に関する書類が、私の住んでいる東北地方にもやってきました

 

東北でも太陽光発電の出力制御をする可能性が高まってきた話

 

太陽光発電の出力制御とは

 

 

太陽光発電の出力抑制(出力制御)とは、規定の条件下で電力会社が発電事業者に対し、発電設備からの出力を停止または抑制を要請する制度のことです。

電気は、使う量(需要)と発電する量(供給)のバランスを保たなければいけないという原則があります。もしも電力の需給が偏れば周波数のバランスが崩れてしまい、電気の安定供給ができなくなってしまうのです。

需要が多すぎれば電力不足で周波数が低下してしまい、電気の供給量が多すぎれば周波数が上昇してしまうからです。

 

引用元:タイナビ発電所

 

要約すると「発電量が多すぎてバランスが崩れるから一時的に買取をしないよ」という話です

 

この出力制御が行われれば行われるだけ、本来売れたはずの電気が一時的に買い取ってもらえなくなるわけです

 

出力制御機能付きPCSへの切替に関わるお手続きについて

 

今年の春頃にこんな書類がきました

 

f:id:zuya64:20191106213928j:image

 

 この書類によると「再エネ電源の導入が進んでおり今後さらに導入が拡大すれば、バランス維持が困難になる恐れがあるために、いまから出力制御の準備を進めている」という内容でした

 

その準備のため出力制御機能付パワーコンディショナーに切り替えの上に、切り替えがおわったら書類を送ってくださいと、一方的に書類を送りつけてきました

 

いずれは東北でも出力制御が来るとは思っていましたが、太陽光発電を始めてすぐに書類が来たのでアタフタしました

 

 私の場合は最初から出力制御機能付パワーコンディショナーを使用していたので、書類を送って終わりでしたが、太陽光発電を初期の頃からやっていた人は、切替が必要で更に大変だったと思います

 

東北で出力制御が実際におきそうなのか?

 

私の感想としては、出力制御はおきるとおもいます

 

理由としては東北地方でのメガソーラーを作るという話が数多く存在し、私の住んでいる場所付近でも、何箇所か実際に施工途中であったり、工事予定の看板があるのを目にしています

 

更に低圧発電所も依然と比べれば、確実に増えているのを目にしています

 

低圧発電所に関しては、東北地方は田舎で土地は余っている人が沢山います。そして農業を引退して土地だけが放置されている家庭が沢山あれば、その分土地活用として優秀な、太陽光発電を始める人が増えるのは必然です

 

私もその中の一人で、余っている土地があれば全部発電所にしたいと思っています

 

まとめ

 

  • 東北でも出力制御の可能性
  • 書類が送られてきて準備段階に入っている
  • 出力制御は起きると予想

 

以上が、東北でも太陽光発電の出力制御をする可能性が高まってきた話についてです

 

出力制御が始まる前に出来れば電力インフラを整えてほしいと願っています

 

しかし電力インフラの整備に関しても、中々進捗していないという記事を新聞で見ているので、あまり期待はできません

 

これから参入してい人や規模を拡大予定の人には中々厳しいのが現状のようです

 

ぜひ電力インフラを整えてもらって再生可能エネルギーの普及の追い風になってもらいたいものです