ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

投資家は車にかけるコストは下げるべき話。7年落ちの中古車で十分かもしれない

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20191024214123j:image

ズヤです!こんにちは!

 

台風の被害で車を失って、絶賛ブルーな気持ちを満喫中です

 

車は人生の4大コストの一つとも言われており、普通に車に乗り、普通に保険に入り、普通に税金を納めていた場合は一生で4000万円近い出費になるみたいです

 

ちなみにこの話をしていたのは有名なホリエモンで人生の4大コストとは

 

  • 家族
  • 自動車
  • 結婚

 

この4つが4大コストと言っています

 

この4つを0にすれば総額1億7250万円をコスト削減できるなんて言っていました(笑)

 

凄い無茶苦茶な話で、当時の私は内心「そんなの無理じゃん」そんな風に考えていたのも良い思い出です

 

しかし、本格的に資産運用を開始して気が付いた事は

 

固定費の削減を徹底して、その分浮いたお金で資産運用をすれば、将来的に大きなお金のなる木が出来上がる

 

そして今回の台風の被害で「車」と言う大きな固定費を、見直すチャンスが訪れたともいえます

 

投資家は車にかけるコストは下げるべき話。7年落ちの中古車で十分かもしれない

 

車は7年落ちでも十分だと思う理由

 

やはりここは日本の技術力に感謝ですね

 

日本車は海外の車と比較すると段違いに耐久性に優れており、ちょっとやそっとの事では壊れません

 

基本的に10年10万キロ走った車は買い替え時期、なんてことを過去には言われていましたが、最近の車は15年15万キロ走行した車でもバリバリの現役です

 

そして15年15万キロ走った車は、最終的に海外に輸出され更に走り込みます

 

そんなボロボロの車が海外では、メンテナンスなどやらずに20万キロ走っても、バリバリの現役車が多く存在するらしいです

 

流石日本の技術力!

 

7年落ちの車はかなり割安で買える

 

7年落ちの車はかなり割安で買えます。相場としては新車購入にが100%の価格だとして

 

  • 3年落ちで70%
  • 5年落ちで50%
  • 7年落ちで30%

 

 この様にかなりの割安です

 

新車が200万したなら7年落ちは60万で買えるイメージですね

 

仮に手元に200万あって7年落ち60万円の車を買ったら

 

車を60万で購入しても140万の現金が手元に残ります

 

140万を年利5%で回せたのなら毎年7万円の副収入

 

理想の数字ですが、10年あれば車の購入金額は回収できますね

 

また現金を140万円保有していれば融資を受けやすくもなるので、太陽光発電に使うも良し

 

投資家としては出来るだけ現金として保有した方が、資産運用の幅が広がるのは間違いありません

 

後は心の持ちよう

 

何となく世間一般の目は「良い車を保有=生活が豊かな人」のイメージで「ボロボロの車=貧乏くさい」のイメージが強いです

 

過去の私もかっこいいスポーツタイプ、大人の渋さがあるセダンタイプに、あこがれを抱いていました

 

確かにその様な良い車を購入すると「心」はとても満たされますが、その分豊かな生活からは遠ざかります

 

そして身の丈に合わない、お高い車を購入したら、待っているのは日々の不安です

 

以前の車は新車で一括購入をしましたが、貯金が一気になくなり生活の不安と、車に何かあったらどうしようと言う不安が、常に付きまといました

 

 実際に台風の被害により、全損の危機になってしまったわけですが(笑)

 

ですので周りの目は気にせずに、見栄やプライドを捨てて、安い車に乗るのも一つの方法なのかもしれません

 

まとめ

 

  • 日本車は20万キロくらいは走れる事実
  • 7年落ちはおおよそ新車購入時の30%で買える
  • 車は安く買って資産運用に回す考え方もある
  • 世間一般の目が気になるが、気持ちの持ちよう

 

以上が、投資家は車にかけるコストは下げるべき話。7年落ちの中古車で十分かもしれないと言う話です

 

まだ台風の被害で全損になるのか、修理可能なレベルなのか結果は出ていません

 

私としては、どうせなら全損になり多くの保険金が下りてくれた方が、今後の方針を決めやすいので、ありがたいと感じています

 

愛車を失い悲しい気持ちもありますが、人生はまだまだ長いので、長期で見た時に良い人生を歩める選択肢を取っていきたいです