ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

太陽光発電の施工面で更に得する方法と条件まとめ【分離発注やDIYなど努力が基本】

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190907204034j:image

 

ズヤです!こんにちは!

 

私は太陽光発電投資をおこなっており、規模を拡大させようと日々勉強と情報収集に励んでいます

 

そして情報収集の結果、色々な方法で太陽光投資をしている人達がおり、本気で取り組んでいる人達のやり方はとても参考になります

 

そこで今回は、目から鱗太陽光発電投資で更に得する方法の一例をまとめたいと思います

 

太陽光発電の施工面で更に得する方法と条件まとめ【個人の努力で利回り上昇】

自力で土地から探すと利回りが上がる可能性

 

太陽光発電投資は何といっても土地です。その土地を破格の安さで手に入れることが出来れば、土地付き太陽光発電で購入するよりも利回りが高くなります

 

太陽光発電投資をやる際の土地の大きさは500㎡~1000㎡程の規模が必要になり、金額で言うならば、数十万~数百万単位で必要になってきます

 

土地代を出来るだけ抑える事により利回りが上がるのは必然です

 

私は自分の土地に太陽光発電所を設置できたので、高利回りで運用が出来ています。目安としては2~3%ほど利回りが高くなるイメージです

 

 そして土地は使っていなくても管理費が発生するのも事実です

 

手放したいけど手間で放置している人や、売りたいけど場所が悪く売れずに困っている人が世の中には沢山います

 

その様な土地にの保有に困っている人を探し、相場よりも安い金額で土地を購入して、土地代を抑える方法を取る人も中にはいます

 

土地保有からしてみれば手間のかかる負の資産を手放す事が出来、我々投資家からしてみれば安く土地を購入出来たので利回り上昇が期待できますので、試してみる価値はあるでしょう

 

by カエレバ

 

分離発注をして自分で材料を揃える

 

材料を自分で発注してコスト削減をする方法ですね

 

最近はインターネットなどので太陽光発電の材料だけを扱う会社が増えており、そこから自分で発注をすることにより、コストを下げて利回りを上げる方法もあるみたいです

 

ただし中途半端な知識で分離発注をすると大きなトラブルの原因になったり、保証の責任が不明確になり対応に困る場合が出てくるのも事実です

 

分離発注のリスクを明確に理解して、トラブルを回避できる自信がある人は実行するのも一つの方法です

 

リスクを上げてまでコスト削減をしたい人は検討してみるのが良いでしょう

 

太陽光発電所をDIYする人達がいる

 

発電事業者の中には、出来るところは全てDIY発電所を作っている人もいるみたいです

 

申請はもちろんの事、発注から取り付けまですべて自分でやってしまう猛者も中には居るみたいで、その為に必要な資格を取る人たちもいます

 

資格までとっているのならば、太陽光を施工する際の知識も一通り揃っているので、安全面に不安を感じる必要もないのかもしれません

 

その結果、太陽光発電の利回りは表面利回り20%を超える事もあり、4~5年で費用の回収を完了させることも可能みたいです

 

土地付き太陽光発電で表面利回り10%前後なので、その倍の利回りを可能にしている夢のある話です

 

良い所だけを見れば素晴らしい様に見えますが、これが出来る人は太陽光発電をこよなく愛する事の出来る人だけです

 

申請手続き一つとっても必要な資料の作成や問い合わせが多数必要ですし、施工まで自分でやるとなれば、重機の扱いや知識など数多くのスキルが必要になります

 

数多くの労力と手間の結果、表面利回り20%を確保しているので、素人には到底まねのできない芸当です

 

しかし、そこまでの努力をして太陽光発電を進めているのは、尊敬に値し更に勇気を与えてくれます

 

是非これからも太陽光発電に夢と希望を与えてほしい物です(*^-^*)

 

by カエレバ

 

まとめ

 

  • 自分で土地を探して利回りUP
  • 分離発注をしてコスト削減
  • DIY発電所を作り高利回りを実現

 以上が、太陽光発電投資で更に得する方法と条件まとめについての記事です

 

他にも得する方法は沢山あると思います

 

どの方法でも得をする為には努力が必要で、その為の労力は惜しみなく使った結果、成功した人たちが沢山います

 

そしてこれからもドンドン新しい方法が見つかり、太陽光発電は更なる発展をしていくと私は信じています

 

太陽光発電が発展していく為にも情報共有は必要です

 

新たな情報が出たら随時ブログの記事として取り上げていきますので、是非参考にしてみてください