ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

リスクを取る覚悟とは?不確実性を楽しむことで先に進める方法を解説

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190622233556j:image

自称太陽光投資家のズヤです。

 

今回は「リスクを取る覚悟について」詳しく解説していきます

 

私は太陽光発電事業を行うにあたって数百万円の借金をしました

 

そんな私がどの様な覚悟をもって開始したのか実際の経験談と、世間一般的なリスクについての解説をしていきます

 

実際この世の中はリスクを取った人がリターンを得る世の中になっており

 

何もしない人は何も無い人生になる可能性が大きくあります

 

しかし、リスクを取ることに恐怖する事もまた事実です

 

今回は得体のしれない「リスク」の知識を皆さんと共有し、少しでも不安の解消が出来たら良いなと思い記事にしてみました

 

リスクを取る覚悟とは?不確実性を楽しむことで先に進める方法

 

リスクとは

 

リスクとは不確実性の事です。

 

将来が約束されていない事に対する不安や、失敗した時の恐怖がリスクの正体です

 

そして、更に日本は行動の失敗を笑いものにする人や、出る杭を打つ人が沢山います

 

そんな不安が皆さんの「行動したい」という意思を鈍らせている事もまた事実でしょう

 

次は不安を解消する方法を解説します

 

リスクの不安を解消する方法

 

これは

・先任者の失敗談を知識として吸収する事

・失敗した時の対処法を知識として持っておくこと

この2つです

 

「成功した先は明るい未来が待っている」これは当たり前ですが

 

「失敗した時の暗い未来」これだけを見ても仕方ありません

 

そうではなく失敗した時の「立ち上がる方法」を先任者の経験談から学ぶのです

 

そうすることにより失敗した後の対処法を勉強でき、リスクに飛び込みやすい状態ができるわけです

 

私の太陽光事業でいうなら

 

発電所が使えなくなった」

 

「借金だけが残った」

 

この様な事態が失敗かと思います

 

しかし、借金だけが残った場合は自己破産と言う手も残っており、自己破産のメリットやデメリットも熟知しています

 

「借金が返せなくなったらどうしよう」

 

で、不安な状態のまま行動したらリスクがとても怖い存在です

 

しかし、「借金の解決法」を知っていれリスクがリスクではなくなるのです

 

有名な投資家ウォーレンバフェットの名言で

 

「リスクとは、自分が何をやっているのかよくわからないときに起こるものです」

 

この様に言っています

 

要するに理解してないからリスクなわけです

 

この様にしてリスクの先の知識を身に着け、対処法を身に付けましょう

 

それが不安を解消することになります

 

リスクを楽しむことで先に進める方法

 

さて、ここまでで「リスクに対する対処法」が何となく見えてきたと思います

 

次は「リスクを楽しむ」考え方です

 

結局のところ

 

「やってみないと分からない」

 

なのです。あれこれやらない理由を探してるようでは先には進めません

 

やってみて見えてくることがあります。

 

私で言うのなら

・融資で数百万背ってみて借金の重みを知った

・投資で初めて株を買ってみて変動の幅を知った

みたいな、そんな感じです

 

やる前は恐怖していたことが実際やってみたら「案外なんてことない」そんな状況も多々あります

 

そしてこれが経験値になります

 

経験値を積むとそこから改善思考が生まれ良い方向に考えを張り巡らします

 

悪い方向に物事が進捗しても「自分で改善する意識が生まれ」なんとか解決することもできるでしょう

 

この様に「状況に揉まれながら成長を実感」することを楽しむと良いでしょう

 

「やってみること」により経験値として一生残り、もしも今回が失敗したとしても次回のチャレンジに役に立つはずです。

 

この様に「楽しみながら成長する」これが一番のリスクを取る醍醐味かもしれません!

 

まとめ

 

・リスクとは不確実性のことである

・失敗談や対処法の知識を身に着ける

・知識を身に着けて実際に経験する

・失敗したとしても次につながる

 

これがリスクを取る覚悟であり、楽しむことだと私は思います

 

リスクを極力減らし最大のリターンを獲得しましょう!