ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

投資家なりの節約の考え方、ミニマリストが資産運用に強い人

 

f:id:zuya64:20190615113725j:image

自称太陽光投資家のズヤです。

 

今回は「投資家ってどんな考えでお金を使ってるの」と、疑問に思っている人向けに解説していきたいと思います。

 

私は投資を7年しており実際に

 

太陽光発電

・株

ソーシャルレンディング

・FX

・仮想通貨

 

総額1000万以上を、運用しています

 

そんな私がどの様な考えでお金を使っているのか、どのような心構えで行動しているのかをこれから節約を覚えたい人や投資を始めたい人の参考になれば良いなと思います

 

基本的に節約の書籍や節約ブロガーさん達の考えを元に構築しています。そこに投資家ならではの発想を取り込んだ考え方になります

 

投資家なりの節約の考え方、ミニマリストが資産運用に強い人ついて解説

 節約の考え方

 

節約の考え方は基本的に

 

・少量のもので生活する

 

これに尽きます。なぜなら余計な物を持たない分のお金を資産運用に回せるからです

 

悪い例で例えるなら

 

・あまり着ない洋服を衝動買いする人

・頻繁にアクセサリーを買い替える人

・部屋がいらないものであふれてる人

などです

 

この様にまだまだ使える物を頻繁に購入するという事は、それだけ無駄にお金を消費している事と同じことです!

 

投資を始めたい人はその辺りを改める必要があります

 

そして、ミニマリストになればそれだけ節約をする事と同等になります

 

この辺りを考えるのが投資家になる第一歩だと私は考えます

 

しかし、欲しいものは欲しい!我慢なんて出来ない!

 

それも人の欲求であり、我慢は体に毒と言う言葉もあります。

 

この辺りの解決策を次から説明します

 

2つパターンがあります

 

欲しいものがあって我慢できないときは①

 

どうしてもほしい!この様な衝動に駆られることもあるでしょう

 

この様な場合こそ不要な物の売却です。

 

むしろこの様な状態になった時こそ売却の行動ができると言っても過言ではありません

 

なぜなら、基本的に「売却は行動がめんどくさい」からです

 

もう要らない物の為に

・清掃

・梱包

・持ち運び

など

 

手間がとてもかかる割に戻ってくるお金は微々たるものです

 

労力に見合わないので「後回しにすることが多いでしょう」

 

しかし、どうしても欲しいものがある場合はまた違ってきます

 

考えとしては

 

売却の行動ができたからそのお金で購入してしまおう!

 

こうすればミニマリストを維持しやすく、そして欲求も満たされる一石二鳥ですね

 

・重い腰をあげて行動する

・そのお金でほしいものを買って満足する

 

このサイクルで行動できれば

 

手元にはお金が残りその分資産運用に回せるでしょう

 

欲しいものがあって我慢できないときは②

 

もう一つは運用した利益で購入する

 

これです!

 

運用初期は我慢の連続です

 

運用資金も少ない状態で利益も微々たるもの

 

この状態を我慢した後の大きな利益が、自分の欲求を満たしてくれる事は明確です

 

私のイメージでは

 

労働収入

すべて運用資金に

運用の利益

欲しい物の購入

 

この様な形が一番イメージしやすいですね!

 

この流れで進めていければ

 

永続の「我慢」でなはく、将来がある「我慢」になり

 

初期の我慢も耐えられることでしょう

 

我慢するだけの節約は結局のところ長続きしません。節約をした後にある大きな利益を目標にすることで継続して進めていくことができます

 

そしてその利益でほしい物を買えば、貯めたお金は減ることなく新たなお金を生んでくれることでしょう。

 

これが投資家なりの節約の考え方でした

 

まとめ

 

・節約の考え方はミニマリスト

・ほしいものがある場合は最初に要らない物を整理してから購入

・ほしいものがある場合は運用した利益で購入

・我慢するだけの節約は続かないから、節約の先を考える

 

この様に節約を意識すれば楽しく節約ができ、将来は豊かな生活が待っているでしょう

 

 

 そして節約と相性の良い資産運用があります

それが太陽光発電です

 

 ↓こちらもご覧ください

www.zuya64.com