ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

太陽光発電で融資(借金)をするメリットとデメリットの考え方 解説

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190605220102j:image

自称太陽光投資家のズヤです

 

今回は太陽光発電で借金をするのが怖い」と言う人に読んで貰いたい記事です

 

太陽光発電をするには借金が必須項目になります。その不安を少しでも取り除くきっかけになったらうれしいです。

 

主観的な考え方も一部ありますのでご了承ください

 

太陽光発電で融資(借金)をするメリットとデメリットの考え方

 

 

メリット1 事業拡大のスピードが上がる

 

まず初めに事業拡大のスピードが上がるについて解説します

 

事業拡大のスピードを上げるためにはどうしても借金が必要で「必要資金が揃うまで待っていたら機会損失にもつながる」からです。

 

例えば1000万必要な事業があったとします。その1000万を貯めていざその事業を始めようと思ったときに既に他の誰かが先行して成功したとしましょう。

 

その時点でスタートは出遅れ、期待していた利益は先行者にドンドン持っていかれてしまう可能性があります。そうなれば2番手は不利です。

 

太陽光事業で言うなら先行して作った人に補助金や税制面の優遇が昔はあったが今ではそれが無くなり不利になったり、多くの人が作りすぎて出力制御の可能性が出てきて利回りが下がるようになったなど

 

この様に先行者が有利な場合が多々あります。その為にも多少の借金は視野に入れるべきだと私は考えます

 

メリット2 安定性が上がる

 

安定性が上がるについては手持ちの現金を全て使う方がリスクが高いからです

 

なぜリスクが高いかと言うと、事業を行う上でトラブルがあった場合の対応の敏速さが変わってきます

 

手元に現金があった場合はその現金で機械の修理代などのトラブル対応が敏速にできます。しかし無い場合はどこかから借り入れをして対応しなければいけません。

 

太陽光事業で例えるならパワコンが壊れてからの対応の早さが変わります

 

 

現金の場合

パワコンが壊れた➡即買いなおし➡取付

 

 

借入の場合

パワコンが壊れた➡借入審査の手続き➡審査中➡振込➡買いなおし➡取付

 

 

この様に取り付けまでの手順が借入の場合は多く発生しその分時間がかかります。長期にわたり発電所が稼働できない場合その分売電ロスが発生します。

 

私の発電所の場合、晴れの日は5000円程の利益が生まれますので1週間動かなかっただけで2万~3万前後は収入が減ってしまいます

 

考えただけで恐ろしい!!!

 

最悪その月は売電収入より返済が大きくなり赤字になる可能性もあることでしょう

 

そうならない為にもある程度の現金を残すように借りれるときに借りておく選択をしたほうが良いでしょう

 

メリット3 金利が安い

 

金利が安い事も頭に入れて置くべきでしょう。太陽光発電でお金を借りる場合はどこの金融機関でも2%~2.5%辺りが主流になっています。

 

この2%前後と言う数字はとても低金利で中々出せる数字ではありません。

 

先ほど例えに出したパワコンが壊れた場合の対応にカードローンを使った場合は金利が10%前後になります

 

10%と言えば太陽光発電の利回りと同等です!

 

この様に高い金利を請求される恐れがあるのでできるだけ借金をして手元に現金を置いたほうが良いでしょう

 

 デメリット 借りすぎて他の事業で貸してもらえない可能性

 

デメリットとして太陽光事業以外の何かを始めようとしたときに借りすぎて貸してもらえない可能性が高いです。

 

太陽光事業の弱点として発電所に担保的価値があまりないのが弱点になります。不動産でしたら好条件の土地に家を建てているわけですから需要があり、土地自体にも価値があります。

 

土地にも価値があり、家にも価値がある不動産は担保として優秀なのは当然ですね!

 

しかし、太陽光発電所の土地にはそれほど価値はありません。安い土地の上に施工するのですから当然です。

 

この様に担保として扱えない分、新たにお金を借りにくいので新たな事業をやる際のデメリットになる可能性があります

 

まとめ

 

・事業を拡大を最速でするためにも借金は必須

・安定性を上げるためにもある程度の現金を持つために借りる

金利が安いからこそ最大値で借りる。

・ほかの事業計画がある場合は借りすぎず、余力を残しながら進めていく

 

太陽光事業をメインでやる場合はメリットが沢山あるので最大値で借りたほうが良いですが、ほかの事業をやりながら片手間で太陽光発電をやる場合は注意が必要です

 

この辺りを踏まえながら計画を立てていくと後悔しないで進めることができるでしょう