ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

太陽光発電の土地の選び方について

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190526133342j:image

自称太陽光投資家のズヤです

 

今回は太陽光発電を始めたいけど土地の選び方は?」と言う人向けに私の経験談を踏まえて解説したいと思います

 

選び方を失敗すると少なくとも20年は後悔する事になります。そして場合によっては苦痛を強いられる事もあるでしょう

 

それを回避する為にも最初の土地選びはしっかりしておきたいですね

 

太陽光発電の土地の選び方

 

 

 

影の影響の調査

 

こちらは発電量に関わる重大な項目の一つです

 

これを怠って発電する時間帯に影が出来てしまったら最後、その影のせいで発電量が下がってしまします。

 

最適は1日中影のできない場所に設置できるのが好ましいが、中々そのような場所に巡り合うのは稀です

 

影がかかる時間帯が朝の5:00や夕方16:00以降なら余り発電のしない時間帯なので許容しても良いのかなと私は思います

 

実際夕方16:00には私の発電所は影ですっぽり覆われますがそれでも多少は発電しますし、シミュレーション通りの発電をしてくれてます

 

↓私の発電所の日々の発電量

f:id:zuya64:20190523180622j:image

 この様に16:00頃も発電はしっかりしています

 

最初は不安でしたが問題なく稼働しており安心しております

 

駐車スペースがある場所を選ぶ

 

こちらも重要です

 

なぜなら発電所のメンテナンスや管理をする場合は草刈り機や農機具などを運ぶことが多いからです

 

どんなに影のできない良い場所であってもから発電所までの移動距離が長いと管理をするときに大変な思いをします。

 

重い機材を運ぶだけでも体への負担がかかり、運んでからが本番でそこから数時間雑草との戦いが待っています。それが終わってから炎天下の中、機材を運ぶ姿を想像してみると良いでしょう

 

絶望ですね!

 

この様にできるだけ発電所から近い位置に車を止められるようにしておくべきです

 

電柱が近くにあること

 

これは盲点の項目です

 

せっかく土地を購入して発電所を作ったのに電柱が近くになければ送電できません

 

こうなってしまえば別費用で電柱を立てなければならないのです。電柱も1本数十万と高額でそれが何本も必要になっては本末転倒です

 

この辺りも事前に確認しておくべき項目でしょう

 

雑草の種類の確認

 

これが重要で今後の管理を左右する大きな問題です

 

なぜなら成長が早い雑草が大量に生えている場合その分、草刈の頻度が上がってしまうからです

 

しかもそういった雑草は生命力が強く除草剤の効果が薄いのでグングン伸びます

 

↓草刈をして1ヶ月後の事

f:id:zuya64:20190523201251j:image

 

 

このように天敵である雑草がどのような種類で成長が早いのか調べておく事も重要です!

 

私はこの雑草関係はあまり気にせず施工しました。

 

除草剤で何とかなるって考えでしたが奴らは思ってる以上に生命力にあふれていますw

 

おかげで日々雑草との戦いが待っています。

 

他にも例えで

 

タケノコの生える場所なんてのは最悪です。1日で1メートルも伸びます。放置したらパネルを突き抜けて大惨事になります

 

タケノコは極端な話ですが雑草関係は深く考えてから土地を購入した方が良いかもしれません

 

まとめ

 

・影の調査は必ず行う

 ・駐車場のスペースを確認、確保を行う

・近くの電柱から送電線が引けるか確認

・生えてる雑草の種類の確認

 

この辺りを確認しながら土地選びをしていきたいですね。土地の価格も大事ですがこの辺りを疎かにすると後悔が生まれてきますので必須項目だと思ったほうが良いです