ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

太陽光発電と良い借金について

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190526132744j:image

自称太陽光投資家のズヤです

 

今回は太陽光発電と良い借金について私なりに解説していきたいと思います

 

太陽光発電と良い借金について

 

結論から言います。

なぜ太陽光発電をする借金は良い借金なのかと言うと

それは生産性のある借金だからです!

 

それでは詳しく説明していきますね

 

良い借金と悪い借金の違い

 

良い借金と悪い借金の違い・・・

それは浪費する為にする借金生産する為にする借金かの違いです

 

悪い借金(例)

・ギャンブルによる借金

・ブランド品を買うための借金

・遊ぶための借金

などなど・・・

 

これらはすべて浪費の為にした借金ですね

これらの借金は目先の快楽や願望を叶えるだけ!それだけです!

 

そしてこのような借金は一度満たされても満足はせず次から次へと欲求が押し押せてきます。そしてまた借金をして満たそうとするのでたちが悪いです

 

 

そして次に良い借金です

 

良い借金(例)

・事業を立ち上げて社会に貢献する借金

・生産性を上げるための設備導入による借金

・勉強をするための借金(奨学金

などなど・・・

 

この辺りが良い借金の例です

どれも生産性がある事将来の為に投資する意味のある借金です

このような借金も【悪】と捉えるのはどこか違うような気がしますね

 

そして太陽光発電は生産性があるので良い借金に分類されます

 

どうせ借金をするなら生産性のある借金をして社会に貢献して

そのリターンに得たお金で遊びたいですね!

 

 

しかし、リスクも取らなければいけないのでそのリスクの取り方

借金のバランスも解説したいと思います

 

借金のバランス

 

これは自分の保有してい金融商品を超える借金はしないのが安全です

 

例えば

預金、株、車で合計500万の資産があったとします

太陽光事業で500万の借金をして事業を開始しました

途中、発電所が災害に見舞われ稼働できなくなりました

しかし、資産で500万は手元にあったので返済はしっかり行えました

 

この様に失敗に終わった場合でも返済は滞りなく行えるので

自分の社会的信用はなくなりません

 

一番恐れるパターンが債務超過で自己破産コースです

債務超過(さいむちょうか)とは、債務者の負債の総額が資産の総額を超える状態。つまり、資産をすべて売却しても、負債を返済しきれない状態である。

法人及び相続財産の破産手続開始の原因である。

 

引用元:Wikipedia

 

 こうなったら最後どこもお金は貸してくれなくクレジットカードの使用もできず

社会的信用も地に落ちます

 

そこから這い上がるのは難しく苦難の道になるので借金は自分の資産以内が良いと思います

 

そして最後に借金の必要性についてです

 

借金の必要性

 

これは事業を大きくするため、または最速で物事を進めるためには必要なことだと思います

 

お金がたまったら次に行こうではなく

返済できるからお金を借りて最速で行こうにするべきです

 

時間はみな平等に進み有限です

 

まっていたらしわくちゃの老人になって自由に動けない体になってしまいます

そうなってからでは遅いのです

 

最短で成果を上げるならある程度の借金は許容するべきです

 

これが借金の必要性ですね。成功への道を加速させる為です

まとめ

 

・悪い借金はせずに良い借金をしていく

債務超過しない程度がバランスがよくリスクもすくない

・時間は有限なので成功を加速させるためにも借金は必要

 

この辺りを考えながら自分の返済能力と相談して借金をしましょう!

 

そして太陽光発電はリスクも低くトラブルもあまりないオススメの事業です

ローンも組みやすいので事業をやってみたいっていう人にはオススメです!