ズヤ発電所のマネー通信

太陽光発電とお金の情報発信ブログ

スポンサーリンク

節約と太陽光発電の相性が抜群に良い 借金の返済が楽になる考え

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:zuya64:20190526132030j:image

こんにちは、ズヤです。

今日は節約と太陽光発電の相性が抜群に良い理由

 

 

そして借金の返済が楽になる考え方を伝えたいと思います

 

 

 

節約と太陽光発電の相性が抜群に良い理由

 

結論から言いますと節約をマスターして手元に残ったお金をソーラーローンに回す。

 

このパターンが一番導入リスクが低く太陽光のデメリットを最小限に抑える事が出来からです!

 

次から詳しく解説していきますね。

 

今だからこそ,太陽光発電を導入出来る理由

 

近年、太陽光発電は売電単価が低くなり導入するメリットが減っていると言われてますが同時に購入価格も下がっております。

 

しかし、

 

投資で言う所の利回りはほとんど変わらないと言う事です。

 

むしろ購入価格が下がっているので私のような庶民にも手の出しやすい物になってきたのです!

 

そして安く導入できると言うことはローンの返済額が少なくて済む!

 

このメリットが大きいのです!

 

太陽光発電を導入しても月の支払いが負担にならない考え方

 

最近は住宅用の太陽光は150万程度で導入出来ると聞きます

 

ソーラーローンの場合

金利2,5%

ローンは最長で15年可能

 

150万を15年ローンで組んだ場合月の支払いは約1万円になります

 

この1万円は以前話した (以前の記事はこちら

携帯電話のキャリア変更と保険の見直しで手元に残ったお金を返済の一部に充てること可能だと思います。

 

基本的に売電で得た利益からローンの支払いが行われるが、

万が一故障した場合などに備えて節約術でカバーできる状態を保つのが最善であり、リスク削減につながると私は思います。

 

上手に活用すれば

電気代を抑え、さらに節約術で固定費の支出を抑える良い環境になること間違いなしです。

 

ちゃっかり売電収入でお小遣いゲットもできます

 

そして他にも太陽光発電をオススメする最大の理由があります。

 

それは融資を受けられる!

 

これが投資目線ではとてもメリットのあることです。

 

なぜ融資がメリットになるのか

これの答えは自己資金は別の資産運用に使えるから!

 

例えば資産運用として株式を購入したいと考えます

 

しかし、株式を購入したいからお金を貸してくださいと言っても、貸してくれる人は誰もいないのです。

 

簡単にまとめると

 

太陽光に自己資金を使う→株式の購入で融資を受ける

これはできません。

 

 

株式の購入に自己資金を使う→太陽光で融資を受ける

これは可能です。

 

 

このように太陽光発電はローンを組んで開始するのが好ましいのです。

自己資金は他のことに活用するため残しましょう!

まとめ

1、固定費の節約を覚えて支出を減らす

2、支出が減ったからこそリスクをとって太陽光の導入

3、万が一の場合は固定費の節約で手元に残ったお金でローン返済

4、太陽光はローンで導入

5、自己資金は他の資産運用に回す

 

このようにお金を回せばリスクを抑えて太陽光を導入できると思いますので是非トライしてみてください!